事業の目的・必要性

(1)全体

将来起こりうる南海トラフ沿いの巨大地震に備え、「災害に強く、住民の繋がりの強い地域コミュニティーづくり」を推進する。具体的には、地域の安全・安心を住民自ら確かめ、発災時に適確な行動をとり、被災を最小限に抑えることができる減災のまちづくりを推進する。同時にまちの魅力探しという観点も取り入れ、まちの再生や防災のためのコミュニティー構築に積極的に関わる人材を育成していく。対象とする住民としては、小中高生から子育て世代、まちのステークホルダー、さらには要援護者になる高齢者までを含める。なお、この取り組みに兵庫県立大学防災教育ユニット専攻生や兵庫県立舞子高校環境防災学科の高校生を参加させ、防災リーダーとしての素養を習得してもらう。

(2)本年度

本年度は、より具体的に防災対策の重要性を理解し、対策を講じてもらうために、南あわじ市阿万地区と神戸市垂水区舞子地区では引き続き、オープンゼミナールなどの勉強会、防災キャンプ、まち歩き、防災訓練やシンポジウムを実施する。また、これまで事業を展開していなかった対象地域である淡路市及び洲本市では、防災・減災対策を推進できる人材を育て、市民向けの防災学習を展開してもらうため、退職教員や現職教員を中心にセミナーや勉強会を開催する。これらの取り組みには、防災教育ユニットやボランティア団体の学生を参加させ、住民とともに活動し、地域コミュニティーの大切さを理解するとともに、コミュニケーションや現場力の強化を目指す。

これらのプロジェクトの進行過程で発生する問題点について、また「災害に強く、住民の繋がりの強い地域コミュニティーづくり」という目的達成のために必要な新たな取り組みについて、阿万地区と舞子地区のCOC戦略会議で常に検討し、議論し、発案していく。

また、これまでに構築した地域と大学との関係性及びそこで得た知見をこの講義「新入生を対象とした地域志向科目=COC概論」にて、対象地域のステークホルダーを招いて紹介する。

津波被害を守る防潮壁の再生プロジェクト 地域住民と一緒に記念撮影

津波被害を守る防潮壁の再生プロジェクト
学生が地域住民と一緒に記念撮影

阿万地区の歴史的景観 まちの魅了と災害時の危険箇所をまち歩きで探索

阿万地区の歴史的景観
まちの魅了と災害時の危険箇所をまち歩きで探索

 

ページの先頭へ

本年度の事業実施計画

(1) オープンゼミナール(阿万地区及び舞子地区)

 小中学校PTA等と連携することで参加者を増やすことを目指しながら、災害時の「自助」と「共助」の大切さを伝えていく。具体的には、災害メカニズムの理解や防災・減災対策の紹介、災害時の状況判断、避難所運営についての講座を用意する。これらについて、座学のみならず、クロスロード(http://www.bousai.go.jp/kyoiku/keigen/torikumi/kth19005.html)やHUG(http://www.pref.shizuoka.jp/bousai/seibu/hug/05hug-yarikata/05hug-yarikata.html)等のゲームを通じて状況判断や避難所運営の難しさを体験し、今後の災害に備える準備をしていく。両地域それぞれで年間2回程度(夏、秋、冬期)のオープンゼミナールを実施していくが、小学校の総合の時間や、PTAや子育てコミュニティーなどの団体と連携して幅広く、そして階層に応じた啓発活動を必要に応じて行う。

(2) 防災キャンプ

南あわじ市阿万地区では、27年度と同様に吹上浜野外活動センターにて、2泊3日(うち、地元阿万の小学生参加は1泊2日)で学生主体の防災(サバイバル)キャンプを実施する。神戸市舞子地区では、舞子プレーパーク子ども会が実施している、1泊2日の小学生向けチャレンジキャンプに企画から携わり、防災学習のプログラムを含めて実施する。防災学習の中には、(3)のまち歩きや(4)の避難訓練で得られた知見を取り入れ、より具体性のある内容を含める。小学校の夏休み期間中に両地域それぞれ1回行う。

(3) まち歩き

これまで同様、目標であった地域コミュニティーのつながりの強さを育てるという目的と災害リスクのある地点の把握という目的のために実施する。まちを歩きながら、これまでに蓄積された紙ベースの地図や電子地図中の災害リスクのある地点や犯罪リスクのある地点などの情報を確認しながら行う。また、避難訓練の際の安全な避難経路を提案し、そこを移動する体験を行ってもらう。春期と秋期の2回をそれぞれの地域で行う。

(4) 両地区の避難訓練に企画段階から関わり、(3)のまち歩きで得られた情報を加味しながら、より良い避難経路を地区ごとに提案し、そこを移動する訓練を実施する。両地域が計画している避難訓練に合わせて、それぞれ2回に参加し、計画を実行する。

(5) これまでの成果を、対象地域のステークホルダーとともに講義「新入生を対象とした地域志向科目=COC概論」にて紹介する。

(6) これまでの成果を有効に活用し、淡路市、洲本市の退職及び現役教員向けのセミナーを開催し、防災・減災に関わるノウハウを伝える。この取り組みより、将来に亘って、継続して住民に防災・減災対策の重要性が伝わるよう、人材を育て、それを活用できる体制を作る。

(7) 上記の他、阿万地区及び舞子地区では、COC戦略会議を両地域で年間4回程度、また年度末には住民向けのシンポジウムを行い、プロジェクトの成果を広く周知する。

平成27年度 阿万地区成果報告会

平成27年度 阿万地区成果報告会

平成27年度 阿万小学校での学生による防災教育講演会

平成27年度 阿万小学校での学生による防災教育講演会

平成27年度 防災フィールドワーク【小学生×大学生 防災キャンプ】  紙食器と炊き出しのカレーライス

平成27年度 防災フィールドワーク【小学生×大学生 防災キャンプ】 
紙食器と炊き出しのカレーライス

平成27年度 舞子チャレンジキャンプ 模擬的な避難所として開設された舞子小学校体育館

平成27年度 舞子チャレンジキャンプ 模擬的な避難所として開設された舞子小学校体育館

平成27年度舞子まち歩き まち歩きの際の情報を入力するスマホアプリケーションの操作法を学ぶ参加者

平成27年度舞子まち歩き
まち歩きの際の情報を入力するスマホアプリケーションの操作法を学ぶ参加者

平成27年度 阿万まち歩き

平成27年度 阿万まち歩き

平成27年度 舞子まち歩き

平成27年度 舞子まち歩き

平成27年度西舞子1丁目避難訓練 特別専攻生による防災クイズ

平成27年度西舞子1丁目避難訓練 特別専攻生による防災クイズ

平成27年度阿万避難訓練 避難場所で防災対策を学ぶ住民の皆さん

平成27年度阿万避難訓練 避難場所で防災対策を学ぶ住民の皆さん

ページの先頭へ

事業から得られる具体的な成果

 

 

これらのイベントを実施することで、まずは南海トラフで起こるとされる南海地震時の津波に備えた体制を、神戸市垂水区と淡路島全域に整えていく。予定されている取り組みを実施することで、「自助」や「共助」の重要性が理解されるようになり、またその結果、自ずと住民間の交流が進み、災害時などに助け合える環境が整っていく。一方、学生たちにとっては、フィールドワークや講義を通して、地域コミュニティーが充実し、協力し合える状況になるまでのプロセスを理解し、さらにコミュニティーに関わることでコミュニケーション力が向上し、将来の災害時にリーダーとして活躍する素養(現場力)が身につくと考えられる。

また、両地域ともまちの活性化については大きな課題となっているが、これまでの取り組みの目標であった「まちを知り、愛し、大切にする心の育成」と「災害に強い体制づくり」だけでは不十分である。まちからまちの魅力を地域外に発信でき、地域外からまちに人が集う状況を作ることが重要である。28年度もこれまでと同様、「まちの魅力」を発掘し、それをSNSなどを通して発信するプロジェクトを継続して進めていく。まちの魅力は、住民目線では気づかないこともある。この面で、学生たち外部の人間の目線が生かされる。

災害時に大切な住民のつながりを促進するためのイベント【防潮壁画再生プロジェクト】

災害時に大切な住民のつながりを促進するためのイベント【防潮壁画再生プロジェクト】

平成27年度阿万亀岡神社【春大祭】に参加 災害に強いまちの要素を祭りを通して学ぶ学生

平成27年度阿万亀岡神社【春大祭】に参加
災害に強いまちの要素を祭りを通して学ぶ学生

プロジェクト・リーダーからのメッセージ

<地域防災・減災系プロジェクトリーダー 森永速男 教授>

皆さんは、住んでいるまちや隣人の皆さんをお好きですか?自分のまちや隣人をよく知っていて、好きであれば、災害時にまちや隣人のことを心配し、場合によっては支援の必要性を感じることでしょう。逆の視点で考えれば、命に係わる非常時に助けてくれるのは近隣の人たちだということです。「住民の繋がりの強いコミュ二ティ」は安全で安心なまちに不可欠な要素です。私たちは、防災・減災の観点から「住民の繋がりの強いコミュニティ」、そして「災害に強いまちづくり」の実現を目指します。住民、大学そして行政との協働で安全で安心なまちづくりをはじめましょう。

活動記録