平成27年度尼崎ShD研修(第一回)を開催しました!

昨年度から引き続き、平成27年度も尼崎地域においてShD研修を実施します。本年度は、より多くの地域住民の方々にご参加いただけるよう、取り組みを行っております。

さて、平成27年5月26日、尼崎市市政情報センターにおいて、平成27年度第一回目のShD研修を開催しました。

テーマは、「全国のソーシャルビジネス先進事例から学ぶ~尼崎に求められるソーシャルビジネスとは~ 自治を回復し、まち・むらの課題を、まち・むらの力で解決するために」と題しまして、IIHOE(人と組織と地球のための国際研究所)代表者の川北秀人氏にご講演いただきました。

講演の中では、尼崎市が直面している課題をデータを用いてわかりやすく指摘し、その上で事例を紹介しながら、コミュニティ・ビジネス、あるいは社会起業家というプレイヤーが、行政と市民との協働をつなぐ役割を担う可能性を示しました。また、行政は、より積極的に市民との協働を進める必要性があることを、講演の中で強く指摘されました。

 

◎開催概要

(日程・会場)

平成27年5月26日 於:尼崎市市政情報センター

(構成)

テーマ:

「全国のソーシャルビジネス先進事例から学ぶ~尼崎に求められるソーシャルビジネスとは~ 自治を回復し、まち・むらの課題を、まち・むらの力で解決するために」

参加者:

尼崎市役所職員、尼崎地域産業活性化機構職員、兵庫県立大学教員など(約30名)

講師:

川北秀人氏(IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所] 代表者)