高大連携発表会を開催しました!

平成28年1月23日、姫路環境人間キャンパスにて、今年度からスタートした姫路商業高等学校との高大連携事業における商品開発発表会を開催しました。
当日は、「商品開発」の授業に参加する高校生が考案した「酒粕クラッカー」の商品提案プレゼンテーションが行われました。
「酒粕クラッカー」を考案した経緯として、近年、お酒をたくさん飲む40代男性の肥満率が高いことなどから、肥満解消に日本酒の酒粕が使えないか、という発想から開発に着手されました。商品コンセプトとして、外でお酒を飲む人は減っているので、おつまみ商品の需要は高いと見込み、家飲み向けおつまみとしました。販売場所は、地域の連携機能に注目して、道の駅での販売も考えています。

提案された商品に対するコメントとして、「創作西洋菓子 大陸」の福永工場長に試食していただいた感想が高校生たちに伝えられました。

また、姫路菓子組合の井上理事長より、「和菓子の世界でいう、いちご大福のように、職人でない、素人の発想が後世に残る商品につながることもある。ぜひ、このように高校生発案のものが商品活発につながるよう頑張ってほしい。」とコメントをいただきました。
P1080085P1080089