岐阜市における薬草栽培の視察

日時:2016年2月24日

場所:岐阜市役所および市内の薬草生産農地

参加者:45名程度

佐用町企画防災課,佐用町農林振興課

佐用町薬草振興会,薬草栽培に関心を持つ佐用町民

教員:田原直樹教授(兵庫県立大学自然・環境科学研究所),上田萌子研究員,大平和弘研究員(兵庫県立人と自然の博物館)

実施内容:

昼過ぎに岐阜市役所を訪問し,岐阜市役所農林政策課,岐阜市薬用作物栽培協議会,株式会社テイコクより,行政,生産者,技術者のそれぞれの立場から薬草栽培の現状と課題をお聞きしました。市役所での話題提供の後,市内にある薬草の試験栽培地を視察し,生産者から栽培環境等の具体的な説明を受けました。

岐阜市の薬草栽培の取組みは,佐用町よりも数ステップ先に進んでおり,佐用町での今後の進め方を検討する上で参考になりました。今回の成果をふまえ,平成28年度からは,佐用町においても薬草の試験栽培を始める予定です。

IMG_2833