(締め切りました)教員・指導者向け研修会 『丹波で地層を見る』 大学生参加者募集

県立大学COC地域資源マネジメント系プロジェクト(篠山・丹波地域)では、これまで地域資源を用いた教員向けワークショップを実施してきました(昨年度の様子)。今年度は参加者を拡大して、教員・指導者向け研修会 『丹波で地層を見る』を以下の要領で開催いたします。つきましては、大学生参加者を募集しますので、皆さんふるってご参加ください。(応募はすでに締め切りました)

 

県立大学COC地域資源マネジメント系プロジェクト(篠山・丹波地域)

教員・指導者向け研修会 『丹波で地層を見る』大学生参加者募集のお知らせ

 

1.目 的

2006(平成18)年の丹波竜化石の発見を契機に、篠山・丹波地域では化石の発掘調査とともに、恐竜化石を活かした地域づくりの取り組みが進められています。兵庫県立大学では、2013(平成25)年度よりCOC事業「ひょうご・地(知)の五国豊穣イニシアティブ」の一環として、篠山層群の恐竜化石などを地域資源と捉え、それを自然史教育に活用する事業を展開しています(昨年度の様子についてはこちらを参照してください)。

今回の研修会は、教員や自然環境関連の指導員をめざす大学生を対象に、地層の観察や調べ方について実習します。丹波竜が発見された地層の石を割りながら化石探しも体験します。

恐竜化石など古生物や地質学に興味のある人、教員を目指す人、恐竜等の地域が持つ資源を活用していくことに興味のある人は、ぜひご参加ください。

 

2.開催日時および開催場所

平成27年8月6日(木) 10:00~16:00(昼休憩を含む)

丹波竜化石工房ちーたんの館 ほか

(丹波竜化石工房での講義・展示見学、発掘現場等での地層観察、元気村かみくげでの体験発掘など)

 

3.集合場所

丹波竜化石工房ちーたんの館(〒669‐3198 丹波市山南町谷川1110)

http://www.tambaryu.com/

 

下記の場所からの送迎も可能です。詳しくは担当教員にお尋ねください。

JR篠山口駅 西口ロータリー 9時15分集合

 

4.対象および定員

兵庫県立大学生1~4年生・大学院生  10名程度

(現地では、別に募集された小・中・高校の教職員や指導者の皆さんとともに研修を受けます。)

5.持ち物など

筆記用具、汚れても良い服装、お弁当(持参)

 

6.問い合わせおよび参加申込み

兵庫県立大学 自然・環境科学研究所(兵庫県立 人と自然の博物館)

担当:古谷 裕・佐藤裕司

TEL0795-59-2001(代表)

E-mail:coc-chigaku[@]hitohaku.jp ([@]を@に変えて送信してください)

申込みは、7月25日(土)までにお願いします。(応募はすでに締め切りました)