COC取組みの概要

・本学COC事業の取組みの概要を、動画(約20分)でまとめています。ぜひご覧ください!


・本学COC事業を紹介するパンフレットです。こちらもぜひご覧ください!


兵庫県立大学COC事業パンフレット

 

「 地(知)の拠点整備事業 」
ひょうご・地(知)の五国豊穣イニシアティブ

TOP_gakusyou

公立大学法人 兵庫県立大学

中央の学章は「University of Hyogo」の頭文字をモチーフに、
兵庫県立大学の3つの理念「教育、研究、社会貢献」を3本の柱に見立て、
地域に根ざした総合大学を象徴しています。

兵庫県内(五国)に分散する
兵庫県立大学キャンパス

                                        ※画像をクリックすると拡大します。

09588edf61bd519e197c72f3b275de01

「 地(知)の拠点整備事業 」
「 ひょうご・地(知)の五国豊穣イニシアティブ 」事業概要

(1)日本の縮図「兵庫県」ならではの取組みを展開
都市的地域から多自然地域まで多様な個性と特性を持ち「日本の縮図」と言われる兵庫県に分散型のキャンパスを持つ総合大学として、県内各地で進む人口減少社会下の地域課題に取り組む。
(2)地域再生エンジンとしての役割を希求
市町行政や住民、企業、地域活動団体等の多くのステークホルダーと連携を図り、地域再生エンジンとしての役割を担う。
(3)地域連携教育ユニット(ブリッジ)を設置、全学をあげた取組みに
新たに学部横断の副専攻として地域連携教育ユニット(ブリッジ)を設置し、全学的な地域連携教育を推進する。
(4)「地域連携教育・研究センター」を設置し、継続的な取組みへ
「地域連携教育・研究センター」(H25~)を設置し、事業の検証・評価を行いながらFD・SDを進め、地域連携教育・研究の改良・発展を実現する。
(5)全県域を活かす「6つのプロジェクト・フィールド」を形成
地域資源の保全と活用(教育、産業、ツーリズム等)などをテーマに6つのプロジェクト・フィールドを形成して、大学をあげて教育・研究・社会貢献活動に取り組む。

6つのプロジェクト・フィールドに重点地域を設けて取組みを推進

プロジェクト地域図
TOP_project
(1)地域資源マネジメント系
貴重な地域資源の保全と地域活性化への有効活用
〔コウノトリ野生復帰、ジオ・パーク等〕
(2)多自然地域再生系(むら・まち再生系)
人口減少・高齢化の著しい多自然地域のコミュニティの維持、再生
〔限界集落等〕
(3)産学公連携系
農商工連携とものづくりの蓄積を結び新たな生活産業を構築
〔地域ブランドの開発等〕
(4)ソーシャル・ビジネス系
地域課題の解決に住民、NPO、企業、自治体による協働のしくみづくり
〔新しい公共等〕
(5)あわじ環境未来島構想系
自然豊かで山・川・海のつながりを持つ淡路らしい景観の保全、持続する暮らしの実現
〔あわじ環境未来島特区等〕
(6)地域防災・減災系
南海トラフ巨大地震等への備え、相次ぐ大規模災害への備え
〔防災・減災のコミュニティづくり等〕
 
※ 連携する自治体:兵庫県、神戸市、姫路市、尼崎市、洲本市、豊岡市、篠山市、
           養父市、丹波市、南あわじ市、淡路市、佐用町